Ice Room
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイトン教授と不思議な町
結局我慢できずに買ってしまいました。
まだ序盤です。

ちなみにどんなゲームかというと、
随所にちりばめられているパズルを解きながら、
その町に隠されている謎をときあかす、という
これまた2重に凝ったゲーム。

パズルも推理モノも好きな方ならおすすめです。
タッチパネルで町のあちこちをタッチすると、
ヒントメダルというものをゲットできたり、
隠されたパズルを見つけることができたりと、結構楽しい。
パズルがとけると、いろんなものが手に入るのも、
コレクター魂をかきたてます。

そして個人的にツボなのが大泉さんの声。
「英国紳士は・・・・・・・」という言葉を聴くたび、
「なによこのクルクルパーマ」(BYハケンの品格)を思い出し、
つい笑いが。

それでもいくつか難点が。
パズルの答えがあっているにもかかわらず、間違いにされてしまうことが(泣)
ちょっとした角度の問題のようですが、間違えるたびにもらえるポイントが減るので、やはり悲しい。
以下、少しネタばれ

マッチ棒の犬の問題、あれ、内側の足じゃなきゃいけないんですかね?
後ろ足は一番後ろの足を移動しても問題ないんじゃないかと思うんですけど



ところでこれ、どうやら続編が出るようで。
でも公式サイトには何も書かれていない・・・・・・
どっちなんだ一体。
スポンサーサイト

テーマ:新作ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。